• ホーム
  • 石鹸で髪を洗う方法とは?やるなら正しい手順で行おう

石鹸で髪を洗う方法とは?やるなら正しい手順で行おう

石鹸で髪を洗うと、髪がぎしぎしとなり傷める、石鹸カスがかたまりフケのようになる、毛穴に石鹸カスが溜まってしまい薄毛の原因となる、などと様々なデメリットが出回っています。
このデメリットは全て本当のことで、手順が間違っていたり、ケアがしっかりとなされていないとこの通りになってしまいます。
しかし、正しい手順で、しっかりとケアをすることで、髪を傷めることなく洗うことができます。

デメリットの方が多く出回っていますが、正しく洗えば、メリットも多くあります。
例えば、ハリやツヤが出てくる、フケが出なくなる、抜け毛や枝毛、白髪の予防に繋がるというものです。
ヘアケアの商品は数多くありますが、石鹸は固形なので使いすぎることもなくとても経済的です。
毛穴や髪表面のシリコンも落としてくれるので、生まれたてのようなふわふわ感を手に入れることもできます。
そして、アルコールなどはほとんど含んでいないので天然で低刺激のシャンプーとなるのです。

シャンプーに使う石鹸は、自分との相性が良ければ個体でも液体でも、浴用石鹸でもボディー用石鹸でも構いません。
しかし、自分との相性が悪いものは髪を傷める原因です。自分に合うものを探す必要があります。
天然成分を多く含んだものは、どんな髪質でも合うことがほとんどです。はじめてやってみる際は選んでみると良いです。

石鹸で髪を洗う際の手順として、最初にすることはブラッシングです。洗う前にブラッシングすることで髪のほつれや埃を落としてくれます。
次に石鹸を手に取り、よく泡立ててから髪につけます。
ここで注意しなければならないのがしっかりと泡立てることです。泡立ててが足りないと石鹸カスが出て薄毛やフケの原因となります。
髪につけたら指の腹を使い優しくマッサージをするように洗います。最後にはしっかりすすぎます。
更に、石鹸カスが残らないよう洗い流すことも重要です。仕上げに、酸性のリンスでケアすると綺麗な髪を手に入れることができます。

石鹸でシャンプーをあまりオススメできない理由

石鹸でシャンプーすることがあまり良くないと思われている理由として、あげられるのが間違った方法でやることで髪に負担がかかることです。
頭皮、髪ともにかなりの負担をかけてしまうことになり、特に髪は弱アルカリ性の石鹸とは相性が最悪です。
弱アルカリ性の石鹸はキューティクルを半ば強制的に開かせ傷めつけます。
キューティクルが開くことによって、ダメージが直接響くためぎしぎしになってしまうことがあります。

また、頭皮や髪は本来適度な油脂が必要です。
しかし間違った方法のケアを続けることで、頭皮や髪から油脂がなくなってしまい、ごわごわの原因となります。
ごわごわの原因はもう一つあり、それはすすぎ不足です。
石鹸をシャンプーとして使った後は、普通のシャンプーよりも綺麗にすすがなくてはなりません。理由は石鹸カスが髪に付着してしまうからです。
シャンプーと違い、泡が落ちやすいように作られていないので、普段通りに洗うだけだとどうしても落ちきりません。
石鹸カス残ったままとなります。石鹸カスが残ったままだとごわごわな手触りとなるのです。

石鹸でシャンプーすることの最大のデメリットは、洗い流す際に傷つけてしまうことです。
石鹸カスはなかなか落ちないため、ごしごしとこするように洗い流す人がいます。しかし、それは髪を傷める1番の要因です。
石鹸カスがついており、なおかつキューティクルが開いてるので、傷つきやすくなっています。
例えるならば、まっさらの砂地を石でこするような感じです。無抵抗ないとも簡単に傷ついてしまいます。
デメリットが多い石鹸でのシャンプーですが、コツさえ掴みしっかりケアすることで合成シャンプーよりも髪を傷めずに洗うことができるようになります。