• ホーム
  • 髪の毛に紫外線の当てすぎは痛みの原因になる

髪の毛に紫外線の当てすぎは痛みの原因になる

お肌は何もせずに日に当たると日焼けをすると、真皮まで届く紫外線A波の影響によってシミやシワの原因になったり、表皮に作用をもたらす紫外線B波によって赤く腫れて軽いやけどのような状態になったりすることがあります。
紫外線を浴びると老化現象の原因となるため、外出する時は日焼け止めを塗るという人が増えてきています。

しかし、お肌の日焼け防止は気にしていても、意外と髪の日焼けに関しては無頓着という方も多いです。
髪は太陽に一番近いところにあるために、一番紫外線を浴びやすい場所であると言えます。
そして、紫外線を浴びることによって、髪はさまざまなダメージを受けて痛む原因となってしまうのです。

紫外線を浴びたことによって、髪がパサついたり、枝毛や切れ毛が多くなってしまったり、赤茶けたような色になってしまったりします。
また、キューティクルがはがれやすくなってしまったり、カラーの色落ちがしやすくなってしまったり、抜け毛や薄毛の原因になったり白髪が増えてしまったりと、嬉しくない症状が出てきます。

髪が痛む原因はドライヤーの熱やカラーリング、パーマ、縮毛矯正などだと考えている人が多いです。
もちろんこれらも髪を痛める原因になりますが、それよりも紫外線による影響の方が大きく、またカラーリングやパーマ、縮毛矯正などを行っていない人でも日の光は浴びることになるため、ダメージを受けてしまう可能性が高くなってしまうのです。
キューティクルは髪を保護する役割を果たしており、これがはがれやすくなってしまうと、内部のたんぱく質や水分が外に流れてしまい、パサつきの原因になります。

健康な髪を保つためには、しっかりとした紫外線対策を行っていく必要があります。
髪が傷みやすい、まとまりにくい、パサつきが気になる、カラーリングの持ちが悪い、白髪が増えてきてしまった、なんとなく毛が薄くなってきた気がするなど、不快症状を感じている方は、日々のケアの仕方を見直していきましょう。

紫外線のダメージから髪を守る方法とは?

健やかで美しい髪を守るためには、紫外線をなるべく浴びないようにする工夫や対策が必要です。
対策といっても、そんなに大して難しいことではありません。誰でも今すぐにでもできるようなこともたくさんあります。

誰でもがすぐにできて最も簡単な方法は、外出する時に帽子をかぶることです。
UVカットを謡っているつばの広いものや麦わら帽子だと、頭皮が蒸れるのを防ぐことができ、快適に出かけられます。
自分に似合うお気に入りの帽子を探してみてはいかがでしょうか。
帽子をかぶることで髪の日焼けだけでなく、お肌の日焼けも同時に防ぐことができ、一石二鳥です。

また、日傘を差すこともとても有効です。
最近はUVカット対応のものもたくさん販売されていますので、そのような商品を選びましょう。
傘の色自体は白でも黒っぽいものでもどちらでも大丈夫です。
ただし、傘の内側は白っぽいものだと紫外線を反射するため、地面からの照り返しを傘の白い部分が反射し、髪の毛に紫外線を当ててしまうことになります。
そのため、傘の内側はなるべく黒っぽいものを選ぶようにしましょう。

さらに、髪を紫外線から守るというキャッチフレーズで販売されているUVカットスプレーやオイル、ワックスなどを上手に利用するのも一つの方法です。
UVカットスプレーやオイル、ワックスなどは髪を洗った後にドライヤーで乾かす時にも使えますし、お出かけ前にさっと使うこともできます。
紫外線対策とドライヤーの熱から髪を守る対策の両方に効果的で、面倒なことも無く簡単にできる方法としておすすめです。
洗い流さないタイプのトリートメントなどでも、紫外線対策ができるものもありますので、使いやすいものを選んでみましょう。